緑化

緑化には

特に夏場は暑くて乾燥しがちで水やりには注意が必要です。
水やりのポイントですが、水をやりすぎると水分過剰で根腐れを起こしてしまいまい植物は枯れてしまいます。
葉から蒸散する水分と地表から蒸発する水分を考慮し水やりの量とのバランスをとりましょう。
日差しの強いところや、風当たりの強いところなどに置かれている場合、
水分蒸発が通常よりも早くなるので、水やりの頻度も多少多めにする必要があります。
植物とその環境に応じて水の量を調整してください。
また、時間的には夏場の水やりは葉焼けの原因となるので日中を避け、朝か夕方にタイマー設定します。