ハーブ (キッチンガーデン)  

一般のご家庭の散水例

ハーブとは?
暮らしに役立つ草花のこと。薬草、香辛料、お茶、食材、香料として利用できる植物全般として扱われるようです。ティーとして利用するなら、ミント類、レモンバーム、レモングラス、カモミール、ラベンダーなど。料理に利用するなら、タイム、ローズマリー、セージ、オレガノ、フェンネル、コリアンダー、チャイブ、バジル、イタリアンパセリなどが一般的です。ほとんどのハーブは、春から夏にかけて旺盛に育ちます。摘心を兼ねて摘んで利用すると、わき芽が伸びて形よく育ちます。枝葉が増えて常に柔らかい葉を収穫できます。収穫した枝葉を風通しのよい場所で乾燥させ、密閉容器で保管しておくといつでも使えて便利です。

ハーブの水やり

ハーブの種類や大きさ、土の量、季節によって水やりの量が異なります。 極端に多湿を嫌うものも多いので十分な注意が必要です。水やりのタイミングは、土の表面が白っぽく乾いたらたっぷりと与えます。水やり時に葉や花に水がかからないように注意して、株元に与えてください。鉢皿に水をためたままにすると根腐れすることもあります。夏場、2~3日家をあけるときは自動散水機を使うとよいでしょう。

水やりが必要なハーブ
スイートバジル・しそ・ミント・コリアンダー・イタリアンパセリ・チャービル・チャイブ

多湿を嫌うハーブ
ラベンダー・タイム・セージ・ローズマリー・キンレンカ・オレガノなど

(実施例)
Y型コネクターで散水口を分岐
長型プランターには、オプションパーツの散水ノズル「ナイアガラ」